ムラムラしない為にもデリヘルで遊んでちょっと性欲を解消しておきたいと思います。

いやー暑いですねー。今日も気温は30℃超えですよ。いやはや暑い暑い。夏だから、仕方ないんですけどね。でも、アレですね。こんなに暑いと道ゆく女の子達も薄着になるからなんか外を歩くのが楽しくなりますね!

あの子白のワンピースだ。とか脇が見えたとか背中のブラ紐が見えたとかもう、そんな女の子の見た目だけで幸せになれますよね。

女性を見ているとムラムラきちゃう

思春期真っ盛りの中学生みたいな思考で外を出歩いちゃいますよwでも、女性は気を付けないとあんまり薄着になり過ぎると男を誘ってると思われて襲われちゃいますよね?危ないですよね。ブラジルでは薄着にしてる女は襲われて当然!とか言われてるみたいですしね。だから、その男性側の主張に女性陣がブチギレて、『薄着になったからって襲われる理由にはなんねーだろ!ゴルァ!(゚Д゚)』と言ってデモ起こしてるみたいですよ。男は本能で生きているからどうしても、女性見てるとムラムラきちゃうんですよね。でも、これじゃいけませんよね。僕もムラムラしない為にもデリヘルで遊んでちょっと性欲を解消しておきたいと思います。

ちょっと変態の方におすすめデリヘル

そんなちょっと変態気質なあなたにおすすめのデリヘル店があります。長崎デリヘルなんですが、元祖M性感まぐろ職人というお店です。もう名前を見るだけで、普通のお店ではないというのはわかるとおもいますがここは基本、M専門のお店です。女の子がMではなく、客がMなんです。だから、Sな女の子が好きな人や、Sな女王様にいたぶられたいという人に向いてるお店です。

手錠やアイマスクをされながらの言葉攻めは、好きな人には、たまりませんよ!また、まぐろ職人は、アナル舐めやアナルマッサージが標準サービスなのもおすすめのポイントです。アナルを責められるのが好きな人は一度体験してみるといいと思います。特にアイマスクをされた状態で四つ這いになりながらのアナル攻撃は、悶絶ものです!!是非一度長崎のまぐろ職人を体験してみてください。世界観が変わりますよ。

SMプレイのお決まりと言えば?

昔は刑罰として打たれていたムチ。今ではSMプレイのお決まりとなっています。一つ間違えれば暴力になってしまうので、ムチ打ちはパートナー同士の合意の下でプレイしないといけません。わたしはムチで打たれた経験はありませんが、打たれたいとは思いません。なぜなら痛いのはイヤだから・・・です。あるイベントで、ムチで打たれている人を見た事があるんですが、まず思ったのがムチの音!イイ音してました。

基本的には、ムチを打つことによって尻や胸の肉の変化、苦痛の声を楽しむことが目的。プレイの一環としてS側が、M側の嫌がるプレイを強要するために行なうこともあるようです。痛みの激しい、お仕置きというイメージが強まるためである。痛みを好むMに望むままムチを与えるのはプレイとしては面白みがないのでそういった場合は声を出さずに何発まで耐えられるか、などの条件を出して互いの限界を確かめ合うやり方もあるようです。

打たれる方は相当痛いハズなのに痛い顔をせず、逆に快感の表情をしていました。理解しがたいSMの世界ですが・・・見ているだけで痛々しい。勝手なイメージですが、奴隷側になる男性は真面目なタイプ、堅いお仕事をしている方が多い様に感じます。特殊な性癖を持っていて、発散したい!と言う人はまぐろ職人で探してみて下さい。貴方の願望をかなえてくれるお店があるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る