デリヘルは風俗業界ナンバーワンの職種です。

彼女がいない男性、童貞君、セックスレス夫婦、セックス依存の男性、風俗中毒者はお金を払えば女の子が来てくれます。1,2時間で約2万程払えば男は性欲解消できます。

デリヘルは風俗業界ナンバーワンの職種です。現代社会、女性の自立、キャリアウーマンも増えました。仕事に追われ、結婚の機会を逃した方、20年間彼氏がひとりもできた事がない方、30越えて処女の方もいらっしゃいます。

ひとりエッチをする女性は多い

男がひとりエッチを頻繁にするようにひとりエッチをする女性は多いです。男程、回数は多くありませんが、週に一回はする程度です。そんな、相手がいない女性、独身女性が出張ホストを利用します。以外と同業者の女の子、キャバ嬢なども利用するそうです。ただ単に部屋に来てもらって、セックスをするのが仕事ではなくデートの依頼がきて、街中をエスコートしたり、アロママッサージだけだったり、男に免疫がない女性は、話し相手になってもらたりと、用途は様々です。

依頼してくる女性すべてが美しい方ばかりではありませんので、苦い体験もするでしょう。熟女のプレイを味わえるメリットもありますが。出張ホストも、楽して大金は稼げないという点ではデリヘルと全く似てますね。ただメンズは一回イクとその後の体力の消耗が激しいので、早漏のメンズは何かと大変そうですね。デリヘルも風俗のお仕事も福岡 風俗 求人で探してみて下さい。

ソープでの注意

全国には色々な風俗があります。その中でもソープランドは、『風俗の王様』と言われるように、サービス内容は他の業種と一線を画します。もちろん料金も高くつく遊びなのですが、ソープ店の料金のページや情報サイトの料金欄で、入浴料や総額と書かれているのはご存知ですか?

これは「料金」と「金額」のような同じものの言い回しの違いではなく、はっきり別物として扱われています。入浴料とは基本的に「お風呂に入る」ことに対して、受付で支払うお風呂代金のことです。総額とはお風呂代金の入浴料とサービス料を併せた料金のことです。一般的には入浴料の2~3倍が総額だと思えば妥当です。受付で入浴料だけ支払い、個室に移って女の子にサービス料を支払う形式と、受付で総額を支払う形式があります。

なぜ入浴料とサービス料は別れているのでしょうか?その理由はソープランドのシステムに理由があります。ソープランド店は女の子に部屋を貸しているだけで、そこにお風呂に入るためお客がやってきます。入浴の手伝いをしている女の子とお客が偶然惹かれ合い、“合意”の上で性行為に至ります。あくまでも自由恋愛の結果であって、ソープランド店が強制しているわけではありません。

実際にそうしていると、管理売春を斡旋していることになり違法となります。なんとも素直に納得しにくい理由が、ソープランドには存在するのです。だからお風呂屋さんには入浴料、女の子にはサービス料を支払います。この料金のことを知らないと恐ろしいことになるので、注意が必要です。しかし、本番行為以外の性的サービスはデリヘルでも受けれますし、ソープランドの料金より安く、店舗まで行かなくて良いので楽です。また、どこにいてもデリヘル情報サイトで、気になる女の子を探せるので、ソープランドしか利用したことがない方は、一度利用してみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る